小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

ひなまつり

今週末の日曜日は、3月3日の「ひなまつり」

母親以外に女性のいない家庭で育った私としては、
「ひなまつり」とは縁のないまま大人になってしまい、
思い出も思い入れもないので、
興味もあまりなかったのですが、
フト、「『ひな』ってなんだ?」と気になりまして。

「雛(ひな)人形」って言いますが、
これって、「ひな」の人形なの?
じゃぁ、「ひな」って何?

鳥の子供を「ヒナドリ」って言いますが、
これって、関係あるの?
・・・と、思った次第です。

調べてみると、
「ひな祭り」の起源に関する記事は色々出てきて、
古くは「ひいな」もしくは「ひひな」と呼ばれていて、
子供の遊び道具としての、土や木でできた人形をそう呼んでいて、
これがその後、雛祭りへと変わっていった、
という話は分かりましたが、では、何故、
その人形を「ひいな(ひな)」と呼ぶのかが分かりません。

そんな中、やっとたどり着いたのが、
「鳥の幼鳥(雛)の鳴き声が『ヒヒ』と聞こえたことから、
「ヒヒ鳴く(なく)」→「ひひな」→「ひいな」→「ひな」
と変化した。」
という説。

と言う事は、
①鳥の子供を「ひな」と呼んだ
②小さな人形も「ひな」みたいに、小さくてかわいらしいから「ひな」と呼んだ
③色々あって、「雛祭り」が行われるようになり、飾られる人形が豪華になり、
 「ひな」と言えば雛祭りの雛人形を指すようになった。
という、変遷なのかな、と。

当然、元が小鳥のヒナの鳴き声から始まっていますので、
鳥以外の動物の子供を「ヒナ」とは呼ばないのですが、
「小さくてかわいい」という意味と「幼い」という要素は、
他にも転用されて、「ヒナギク(雛菊)」等に使われたようで。

そもそも「雛」と言う文字の作りの「隹(ふるとり)」は、
尾を下げて地上にいる鳥の象形だそうで、
してみると、
いくら小さくても空を飛ぶ状態になった鳥は、「ひな」とは呼べず、
語源となった「ヒヒナク」鳥は、やはり「ひよこ」=「ニワトリの幼鳥」
のようです。

一方、その「ひよこ」の語源は?と調べると、
「ヒヨヒヨとなく子供の鳥」=「ひよこ」という説が主流で、
最初に紹介した「ヒヒナ」よりも後からできた言葉の様です。

・・・・鳴き声が、「ヒヒ」から「ヒヨヒヨ」になってしまいました。

現代では、「ひよこ」と言えば「ピヨピヨ」ですので、
この流れで行けば、「ひよこ」は「ぴよこ」に、
「ひな」は「ぴよな」になって、「ぴよなまつり」でも良いのかも。

とも考えましたが、
そもそも、古代の日本語では、
「は行(H)」の音は「ぱ行(P)」で発音していたとの研究もあり、
してみると、古代の日本人も、音的には、
「ぴぃぴぃ」「ぴよぴよ」と聞こえていて、そう発音していたと思われ、
逆に、元々は「ひな」ではなく「ぴな」だったのではないか、と。

・・・・・
ところで、最初に書いた通り、縁の無かった「ひな祭り」ですので、
そもそも「雛人形」の相場もよくわかりません。
で、調べてみると、
男雛・女雛2体の最小限セットでも29,800円~で、
上限は無限大、7段飾りで100万オーバーはザラのようで。

なのに、
先日、私がとある温泉ホテルの売店で見たお雛様は、
DSC_0246.JPG
手書きの値札で、「500円」って。
多分中古なんでしょうけど、こんな感じで売っていて、
買う人はいるのでしょうか?

売り場的には、こんな感じ。
DSC_0245.JPG
繰り返しますが、これ、温泉ホテルの売店です。
しかも、これ、10月頃です。

ところで、童謡の「うれしいひなまつり」の2番の歌詞は、
「おだいりさま と おひなさま~
ふたりならんで すましがお ~」
で、男雛は「お内裏様」ですが、女雛を「おひなさま」と唄っており、
やはり、単に「お雛様」と言えば、
女性のイメージなんでしょうね。

ちなみに、この「お内裏様とお雛様」は、
天皇・皇后両陛下をかたどったものですので、
平成天皇の退位と次即位の皇太子にも思いを馳せ、
今年の雛飾りを眺めてみるのも、アリなのかもしれませんね。

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up