ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

 過日、6月23日(土)に異業種交流会「仙台はなもく七三会」では、移動例会としてローカル線・「阿武隈急行の旅」が催され参加した。

 阿武隈急行は、東北本線の「槻木駅」で乗り換え、「福島駅」までの、全長54.9km、駅数:24駅を要し、阿武隈川沿いを走る風光明媚なローカル線である。

 途中駅のホームに「伊達家の発祥地」という看板が。そう福島県伊達市は伊達家の発祥の地である。伊達家の由来である陸奥国伊達郡の「伊達」という地名は、もともと「いたて」「いたち」と呼ばれていたという。慶長18年(1613年)に支倉常長がローマ教皇に渡した伊達政宗の書簡には、Idate Nasamune とあるように、自ら「いだて」と称していたようである。

 昔のTVコマーシャルで、伊達政宗を「イタチ・マサムネ」と呼んで、面白い名前やなー、などと言っていたが、正しく「イタチ」で読み方は合っていたのである。

 伊達市保原町は伊達氏発祥の地であり、伊達氏の始祖:伊達朝宗が文治5年(1189年)に築いたと言われる「高子岡城」(たかこがおか)の城址が遺跡として残されている。1.png伊達氏発祥の駅.png

 

 

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up