ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

5月1日から元号が「平成」から「令和」に代わりますね。

元号を採用している国は今や我が国だけですが、文化を大切にする気持ちは重要な事だと思っています。

「お花見」や「お月見」、田舎での「さなぶり」行事。その心持がインバウンドにも繋がる事ではないかとも思ています。

さて、「令和」の採用原典である万葉集は、日本最古の歌集で、7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂されたと言われています。現代の歌集と言えば、有名個人の歌集が主ですが、1,300年前のこの時代に編纂された万葉集は、大和の国周辺の貴族が詠んだ歌集ではなく、関東や東北南部、長野・静岡周辺の人々が詠んだ歌も収録されています。

万葉集以降に編纂された歌集の「古今和歌集」「新古今和歌集」など勅撰和歌集は、貴族や高官などの歌を纏めていますが、万葉集には、その他に、防人や芸能者、農民、遊行女婦に至るまで約4,500首の歌が収録されており、その歌詞の内容も様々で、時の政治を批判するような歌も収録されていす。なにせ「詠み人知らず」という歌が約2,300首もあるのですから・・・。編纂者は大伴家持などの名前が挙がっていますが、「詠み人知らず」にして時の政府を皮肉ったとは賢い人ですよね。

万葉集.png

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up