メンバーズブログ

ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

懇意にしている飲食店の経営者からメールが入った。

「テレビで放映していたけど、登米市にある隈研吾氏設計の能舞台が素晴らしいよ」とのこと。

隈研吾氏は日本でも最も著名な建築設計家であるが、彼が独立する前にいた建設会社が実は私も遠い昔に在籍していたところで、親しみが湧いていた。

8月中旬過ぎの土曜日、「登米市にある隈研吾氏が設計した能舞台が素晴らしいらしいから見に行こうよ。帰りは東海亭でウナギを食べて・・。」と家内と二人で登米市へ。

能舞台《森舞台》は登米市明治村の一角にあり、深遠とした竹林を背景に建設されており、幽玄の世界に引き込まれそうな素晴らしい場所に建っていた。

本格的な能舞台を見るのは初めてで、解説してくれた切符売り場のおばさんの説明に聞きほれていた。「設計は隈研吾氏、舞台の松と竹の絵は千住博氏が手掛けました。舞台・通路の縁の下にはたくさんの壺が置かれていますが、音響効果を高めるために置かれているもので方向もバラバラに置かれています。」

うーん、そうなんだ。と妙に納得。

観覧後、東海亭でウナギを食して帰ってきたが、コロナ自粛の現在は、たまには外出で好きな建物や食事をするのも気分転換になりいいものですね。

舞台1.png

舞台2.png

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • 女将のつぶやき
  • インフォメーションブログ