メンバーズブログ

四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

もくもく、とはまさにこの事。

ハウルよろしく煙突から、何ともソウルスモークな匂いを漂わせ
余りに熱い平釜で、半袖姿の職人が黙々と薪をくべ、
竈の中は真っ赤にパチパチ燃えています。

のだ塩工房は、
震災で流失後、三陸眺望の少し小高い丘に居を移し
心機一転、藩政時代から伝わる古式製法に戻して再開。

つまりは、いい海水を、ただただ煮詰めていくだけです。
つまり、煮詰まるまで人の手で火を加減しながら仕上げる訳ですね。
そうです。ただの薪ではダメです。南部赤松の間伐材でないと炊きあがりません。

雪のような塩。
すっと、ひんやりしたほのしょっぱさの後に、何だ?少し貝出汁のような旨み。

高い、っていわれます。
現場を見れば納得、味で感激。
これは、もっと売れますね。
ありがたいです。そんなに沢山は造れませんけど。

非効率だけど上質。量産できないけど持続する。
新東北キュイジーヌは、昔東北テロワールの温故知新かもしれません。

※出来立てはまるで雪のようにふわふわ。自然乾燥してさらさらに仕上げます。
平目の薄造りを、のだ塩で是非。

DSCF9691.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

記事一覧

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • 女将のつぶやき
  • インフォメーションブログ