四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

しずこころない主客一握のもてなし。
沁み入る一献の余韻。

最後に食べるのはズケだからね。
最期に食べるのもズケですよね。
そうそう。切りつけではなくて、湯霜の柵を6mm程に引いたのでね。

女将さんの愛くるしい笑顔と
親方の気風の良い掛け合いが、寿司で鮨な美味さを生んできました。

本日今宵、最後の席となりましたが、
さて次は何をしましょうか。

銘店、閑に上がる寂しさと美しさ。
本町修業から上杉開店、国分町移転の次は何処か。
三度目の口上を愉しみに、心待つばかりです。

※上村隆太の握り二貫。紅白めでたく万感の拍手です。 DSCF6751.JPG

DSCF6747.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up