まるでかく

作業部屋から飛び出してみつけた「風景」や「モノ」を書いたり、描いたり

「ハンドドリップ」と聴くと、真っ先に思い浮かぶのはコーヒーだ。
しかし、今回はお茶。玉澤総本店のリニューアルしたエスパル店に行ってきた。

物販を正面にして、右側の通路に入るとのれんの掛かった小さな入り口がある。
階段を3段ほど上がった小上がりに、売り場を見渡せるカウンターが広がっている。
さえぎるガラス窓一つない、お客さんが行き来する光景に思わずドキリとしてしまうが
不思議と目が合わず慣れるのにそう時間はかからなかった。

メニューは数種類あり、基本お茶に和菓子又はずんだ餅がついて一律千円。※2019.1時点
手元のメニューのほかに、テーブルに季節限定メニューも。

店員さんが目の前のドリップ機に茶葉、そしてお茶を注ぐ。
容器の中で広がる茶葉の様子に、見ているだけで癒される。
最初は湯のみで。2杯目は急須で出してもらった。驚いたことに、一杯目と二杯目で味が違う。
その変化はお茶によって特徴が異なるそうなので、ぜひ実際にお試しを!

IMG-4446.JPGIMG-4448.JPG

この記事を書いた人

倉茂 麻子

倉茂 麻子

デザイン・制作担当。
ほか、イラスト制作やたまに撮影も努める。趣味は絵を描くこと、旅行、食べること。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up