トキの目

ミドルサーティーンの設計者、二児の父、男として、あらゆる事象に 私(トキ)の目を通して、想ったこと、考えたことを綴っていきます。

建築が風景となるまで

やたらと暑かった5月も終わり気が付くと6月で今年の上半期を総括する時期ですね。

みなさま、正月にたてた目標の達成率はいかがでしょうか。

ちなみに私の場合は、3勝3敗の五分って感じの

なかなか結果にコミットできないエリアマークの土岐です。

さて、私が正月にたてた目標の一つである、

『盛岡市内の23階建ての高層タワーマンションを約束の工期内に無事に引き渡す』

が、もう少しで達成できそうです。

この場をお借りしてお世話になった関係者の皆様に感謝もうしあげたいと思います。

本当にありがとうございました。

その外観(遠景ですが・・・)がこちら!

038039.jpg

まだ、正確には建物は完成・引き渡しを迎えておらず、本日、このブログで公開できるのは

すでに盛岡市民の皆様の目に触れられているこのカットかなと。

個人的にはこのプロジェクトを象徴する1枚だと確信しております。

私が設計・監理を担当させていただいた23階建ての高層タワーマンションは

写真の右手奥の建物になります。

写真の左手に見えますスレート葺きの屋根に赤レンガの外壁の建物は、

あの東京駅の設計で有名な辰野金吾の作品である岩手銀行です。

この中ノ橋通りの西の起点が岩手銀行であれば、東の起点となる場所で

設計・監理をおこなう機会を幸運にも得たのでありました。

建設中の安全対策としての仮設足場をすべて解体してから

約1カ月が過ぎようとしています。

当初は盛岡市民の驚きをもって迎えられたこの建物も、

徐々に中ノ橋通りの景観の一部として馴染みはじめてきたようです。

そのための設計的な工夫も次回のブログで別の写真を使って

ご紹介できたらなと考えております。

計画、設計、監理と4年がかりのこのプロジェクトも

引き渡しまで残すところあと23日。

気を引き締めて残りの監理業務を全うする所存です。

この記事を書いた人

土岐 健一

土岐 健一(株式会社アサヒ建築設計事務所)

建築設計・監理担当
共同住宅、高齢者施設、旅館・ホテル、冠婚葬祭ホール、オフィス、 学校等と幅広い経験を持つオールラウンダー。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up