メンバーズブログ

小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

安産の守護神

日本全国各地の神社には、それぞれに何がしかのご利益があって、
これを祈願するためにお参りする人が多いと思います。

「金運祈願」「合格祈願」「縁結び」「交通安全」等々、
神社毎、神様毎に、得意とする御利益は色々ありますが、
「安産祈願」というのも、大概の神社で御利益としてうたわれ、
専用の「お守り」が売られていたりしもます。

ちなみに「御利益」の「利益(りやく)」は、
元は仏教の用語だそうで、
「世のため、人のために善行を行った結果、仏様から得られる恵み」
が本来の意味。
なので、願うだけで叶うものではなく、
厳密に言えば、「神社の御利益」というのも、ちょっと違うらしいですが、
現在では、細かいことは言いっこ無し、と、いうことで。

話しがそれました。

「安産祈願」に御利益がある神社と言えば、「水天宮」が有名ですが、
その「水天宮」は、
源氏に敗れ、祖母の二位尼に抱かれ壇ノ浦に入水した安徳天皇と
その母(建礼門院・平徳子)及び平家一門を弔うために、
壇ノ浦を生き延びた按察使局伊勢(あぜちのつぼねいせ)が、
祠を立てたことに由来しています。

要は、幼子を育てること、守ることができなった、その裏返しで、
その祭神である、二位の尼や建礼門院が「安産守護」という神徳を発揮してくれる
という図式です。


似た話としては、「日本武尊(やまとたけるのみこと)」の身代わりとなって
海に身を沈めた「弟橘媛(おとたちばなひめ)」が、
安産守護となることを誓ってから身を投げたので、
「弟橘媛」を祀る神社が「安産の神」になっている例もあるようです。



また、「出産は潮の干潮に関係している」ことから、
御祭神が「鹽土老翁神(しおつちおじのかみ)」という海のカミサマである
名古屋の鹽竈神社は、安産祈願の神社として、当地では有名だそうです。

鹽竈神社と言えば、もちろんその総本宮は、宮城の塩釜にある「鹽竈神社」。
名古屋の鹽竈神社も、ここから分霊されて創建されたものです。
でも、その本家の鹽竈神社では、もちろん同じ「鹽土老翁神」を別宮にお祀りしていますが、
それほどの「安産推し」はしてないんですけどね。



さらに、安産のお守りと言えば、
子沢山でお産が軽いと言われる「犬」にあやかったお守りが有名ですよね。
犬(戌)の人形も安産のお守りだったり、犬印妊婦帯はあまりにも有名でした。



さらにさらに、「安産箒」(あんざんほうき)と言うものもあります。
古来、箒には「払い、浄める・清める」という意味があり、
元々、神具としても使われていたので、
「妊婦のお腹を新しい箒で掃くと安産になる」という民間信仰もあって、
妊婦の枕元に新品の箒を置いたり、
手のひらサイズの小さな箒をお守り代わりに身に着けたり、
という風習もあるそうです。
お守りとしての「安産箒」は、ネットでも購入できます。

-------------------

で、何故、唐突に「安産」の話を始めたかと言えば、
前回のブログで「釜石大観音」の話を書いたのですが、
その釜石大観音に行った後、近くにある「鉄の歴史館」という施設にも
ちらっと寄ったのですが、その展示物の中で、
「安産の守護神」というものがあったのです。

館内の展示物なので、その画像をそのままここに出せませんが、
展示されていたものを絵で描くとこんな感じ。
守護神.jpg
これは釜石の橋野で製鉄高炉が操業した時に、
その高炉から出た初湯(はつゆ)=初出銑(はつしゅっせん)を
橋野高炉を築造した職人のうちの一人であった川崎家の人が、
代々「安産の守護神」としていたというものでした。

「初湯」とは、
高炉の中で溶けた鉄が、高炉の下から出てきた時の溶けた鉄の流れで、
それが固まってできた細長いウネウネとした、
上図のような約1m程の棒状の鉄を「安産の守護神」としたんだそうです。

日本の製鉄の始まりですし、相当な苦労を重ねて高炉を建設し、
そこから無事、鉄が出てきた、つまり生まれてきた時は、
それはもう、大変な感動と喜びだったでしょうから、
これを「安産の守護神」としたのも、なんとなくではありますが、
うなずけなくもありません。

ただ、ですね、その説明文には、

「川崎家ではこれを代々安産の守護神(あくま)としている。」

と、書いてあったんですよ。

この「あくま」というのが、何故「あくま」と言うのかが気になって、
色々調べたのですが、結局、現時点でわからなかったんですよ。

「鉄の歴史館」で聞けばよかったんでしょうが、
時間がなくて、そのまま帰ってきてしまったもので。

と言うわけで、その流れで、「安産」の話になった、と。

いずれ、時間ができたら、この件の確認をしたいです。
どなたかご存じの方がいたら、ぜひ、教えてほしいです。

ちなみに、これが、「鉄の歴史館」
IMG_9397.JPG
釜石大観音の近くですので、もし、釜石を訪問することがあれば、
ぜひ、お立ち寄りを。
(あくま)の理由をぜひ聞いてきて、私に教えてください。

※サムネイルにも使った下のお守りの画像は、
私がエクセルで描いたものですので、実在はしません。念のため。
安産.jpg

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ