小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

ゼロ=0.0000では、ないらしい

なんだか、世の中、抑制的で、
「ゼロカロリー」
「ノンアルコール」
「カフェインゼロ」等々、
何かが「ゼロ」である事を主張する商品が、
増えていますよね。

で、その「ゼロ」が本当に「ゼロ」なのか気になったので、
今回調べてみました。

■「ノンアルコール」

「アルコール=0.00%」と、書いてある商品もありますが、
日本の法律では、
「0.05%未満」なら、「Alc.0.00%」と書いて良いらしい。

もっと言うと、
「1%未満」なら「ノンアルコール」を名乗れるので、
そこまでなら、子供(20歳未満)が飲んでも、
法的にはOKとのこと。

「0.00」を名乗る商品は、実際に「0.05」よりも
さらにアルコール分を押さえているようではありますが。

過去には、「0.5%」アルコール分がある「ノンアルコール飲料」
も出ており、弱い人がたくさん飲めば、酔ったみたいです。

ちなみに、国によっても多少基準が違うようです。


■「ゼロカロリー」

「カロリー」が「ゼロ」と言えるのは、
「100ml(100g)あたり、5キロカロリー未満」のものだそうです。

我が組合の〇サマさんが大好きな赤コーラの場合、
100mlあたり45kcalなので、
「カロリーゼロ」に「5kcal」含まれていると仮定すると、
赤コーラの500mlのペットボトル1本と、
カロリーゼロの500mlのペットボトル9本が同じカロリー。

言い換えれば、
「ゼロカロリー」はどれだけ大量に摂取しても、
「ゼロ」なわけではなく、
やはり多少はカロリーがあるわけで。

ちなみに、こんにゃくゼリーなどもカロリーがなさそうですが、
100gあたり26kcalあるので、カロリー的には、
赤コーラ500ml≒こんにゃくゼリー865g。

思ったよりもカロリーあるなぁ、という感じがしなくもない。

■「カフェインゼロ」

実は、カフェインは法的な「栄養表示基準」の項目ではないので、
「カフェインゼロ」は各メーカーが独自で基準を決めてるそうです。

某メーカーでは、「0.001%未満」として「カフェインゼロ」を
うたっているそうですが、全てのメーカーが同じではないようです。

「麦茶」の様に、そもそもカフェインを含まない食品100%でできていれば、
間違いなく「カフェインゼロ」なのでしょうが、
何らかの処理の上で「脱カフェイン」しているものは、
「ゼロに近い」のであって、やはり「ゼロではない」ようで。

■脂質・糖類

これらについても、消費者庁が取りまとめている、「健康増進法」における
「栄養表示基準」では、「含まれない」表示が可能な量として、
それぞれ、100g中で0.5g未満ならOKとなっています。
(逆に言えば、ここまでなら含まれていても「ゼロ」といって良い)


いずれにしても、「とっても少ない」のはジジツなわけですが、
「ゼロ」とか「ノン」って言いきっちゃうのは、
なんとなくですが、どうか?、という気もしますけど。

DSC_0012.JPG

※画像は本文と関係ありませんが、先日9月9日-10日で行われた、
「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台」
に、後輩が出ていたので、見に行った時の看板です。

「in仙台」って、わざわざ書いてあるんですが、
仙台以外でやる「定禅寺ストリートジャズ」って、あるんでしょうか?

「定禅寺」って書いた時点で、「仙台」確定なのになぁ、と、ふと思った次第。

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up