小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

オニアザミ

仙台では、昨日までで32日連続の降雨日!

これは、昭和63年(1988年)の31日連続を抜き、
昭和9年(1934年)の35日連続についで、
仙台での観測史上2番目の記録。

日本全国的に見ても、
4年前の北海道旭川で記録された連続39日、
同年札幌での36日に次ぐ記録ではないか、と。

こんな雨の日が7月末から続いていて、
しかも今日は30度越えの気温の予想。

これで、何が困るかと言うと、

「雑草」

なのです。

植物の生育に適した気温の時期に雨が続いて、
「雨が止んだら、草刈しないとね。」
なんて言っていたら、まる1ヶ月以上天気が回復せず、
なかなか着手できないうちに、そこここで伸び放題!

口にする野菜類、特に根菜類は、
長雨の影響で生育が悪くなり、高騰の心配もあるというのに、
こと、「雑草」に関しては、それはもう、元気よく、
のびまくるんですよ、これが。


で、いわゆる普通の「雑草」の除草でも、結構大変なんですが、
昨年、弊社管理の駐車場の一画で、
勝手に伸びまくって、難儀したのが、

「オニアザミ」。

こんな見た目で、紫でそれなりにきれいな花が咲くのですが、
画像でも、わかる通り、「トゲ」があります。

しかも、それが、「茎」にも「葉」にも!

それが、こんな状態に!

もう、刈るどころか、近寄るのも大変。
そこで、柄の長い鎌を購入しまして、
遠くから、根元をバッサリ!

何とか、刈ったはいいものの、
とにかく、全体が「トゲ」だらけなので、
軍手などでは、掴むこともできず、
その後、分断して、ゴミ袋に詰めるのが、
これまた、超大変!

細くとがった「トゲ」は、
シャツだのズボンだの作業服だのは、軽く貫通。
長めの道具や大型トングを使いながら、
何とか分断して、ゴミ袋に収めても、
すぐにゴミ袋に穴が開く始末。

いや、もう、除草作業界?における

「ボスキャラ」

に、弊社では認定しています。

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up