四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

郡山のカンプラ

久しぶりの河童。
今宵はネック皮のにんにく醤油を花春粕取り焼酎で〆ると決め、
まず鰊山椒を当て・初おでんは大根と巡らしていると、

寒くなったからねぇ、はい、かんぷら。

もちろんガンプラではない。
まるっと皮つきのピンポンサイズの馬鈴薯が登場。

なんともあったかく、ほっこりと、じわっと沁みる美味しさです。
この時分になると、昔はよくカンプラ売りに来で、
どこも一杯作ってみんな毎日食べたの。

ジャガイモのことですか!
私も信州生まれで、昔はこの嫁カンプラ知らないって、見せてやれ。
って言われたのよ。

女将さん直伝、鍋にカンプラ敷き詰めて、最初から半量の水に味噌と
みりんと油を入れて一緒に炊くのだそう。
手間要らずで、鮑のだまし煮よろしくじゃが芋は皮破けず・中ほくほく、
甘辛たれが良い具合にからんで、冬の附出ランク暫定五指に入る旨さ。

街に続く居酒屋で、地の四季に乾杯です。

※うっかり撮影前に箸付け御容赦。芋の煮っころがし界の別格王座です。

DSCF7555.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up