なんだりかんだり観察記録

身の回りの出来事や人物の観察記録、好きな音楽など、なんだりかんだり書いていきます。

仙台八十八ヶ所巡り①

聞くところによると、仙台には辻標が88か所あるらしく。

「ほんなにあんのがい?」つうことで、地道にリサーチすることにしました。

記念すべき第一回は、創業スクエアからほど近い「名掛丁・日吉丁」。

DSC_8409.JPG

場所は、愛宕上杉通と名掛丁商店街が交わる辻。愛宕上杉通側が「日吉丁」になります。

DSC_8418.JPG DSC_8414.JPG

がっつり植え込みに刺さってます(゚Д゚;)

DSC_8406.JPG

名掛丁の名前の由来は、仙台藩伊達氏の役職の中に「御名懸」という役職があり、その屋敷があったようです。

また、「日吉丁」は付近の地主だった日野氏と吉岡氏が、道路の開発のために土地を市に寄付したことから、両者の頭文字をとって、「日吉丁」としたとあります。

ちなみに名掛丁はJRで分断されていますが、実は東口まで伸びてるんですね。

参考webサイト

http://sendai-navic.com/st/4

この記事を書いた人

武藤 亮

武藤亮(仙台印刷工業団地協同組合)

調査役、事業開発担当。
店舗覆面調査が必殺技の調査実働部隊。
あまりにも影が薄いため、エリアマークのメンバーにすら存在を忘れられることもしばしば。
趣味は手ぬぐい収集。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up