メンバーズブログ

ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

新型コロナウイルスの影響が、はっきりと表れた

全世界が今や「新型コロナウイル」対策に躍起となっている。

過去の「SARS」や「MERS]の場合は、対策法が編み出され日本ではさほど騒がれてはいなかったが、今回の「新型コロナウイル」騒動は、未知との戦いに各国が苦慮している。

仙台でもとうとう繁華街で「クラスター」が発生し、その対策に大わらわだ。

私が属する「仙台エリアマーク事業協同組合」を含め、異業種交流会や再開発コーディネーター協会:東北Qの会等、軒並み会合や例会は中止となっている。

過去の小説には、未知の細菌が全世界を滅ぼすような事態に、敢然と人類は立ち向かい勝利を得るという、まるで「未知との遭遇」の映画のようなシーンが表現されていたが、実際に未知の細菌を前にして、各国とも右往左往の対応が繰り広げられている。

生まれてこの方、実際の戦争は体験をしたことがないが、2011年3月11日に起きた未曽有の「東日本大震災」そしてまた全世界を騒然とさせている「新型コロナウイル」騒動に出会うとは、・・・。

生きている限りは、敢然と立ち向かう必要がある。皆様も毅然として対応し、また笑顔が戻る日をお互いに待ちたいと思う。

  【皆様にも早く福が訪れますように】

fuku.png

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ