メンバーズブログ

ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

有史以来、最大のパンデミックではないのか!?

中国・武漢を発生源とする「新型コロナウイルス」騒動で経済は停止し、世界では企業をはじめ国家としても最大の危機に瀕している。

歴史を紐解けば、14世紀にヨーロッパで発生した「黒死病(ペスト)」や第一次世界大戦末期に発生した「スペイン風邪」などで、大量の死者を出しているが、これから宇宙に飛び立とうとしている21世紀に、世界がこれだけ経済が低迷し、苦境に瀕していることはなかったのではないか。

日本では、世界の大国に比べればまだ少ないとは言え、今や国中が「新型コロナウイルス」に席捲されており、ほとんどの業種で活動ができず、大きな損失を被っている。

先日火曜日(21日)に、東京にいる「ベトナム住宅研究会」のメンバーから、ベトナムでの「新型コロナウイルス」の現況を知らせてきた。

ベトナムは中国と隣接している国で、早くから交流遮断などの対策を取り感染の封じ込めに成功している国の一つである。

ベトナムのコロナb.png

①新型コロナウイルスの感染状況 ●ベトナムの感染者 268人(内外国人:60%) で、現在202人は完治。その後4月20日まで4日間連続感染者はいない。 と言う報告であった。

早く世界中の「新型コロナウイルス」が収束して、再びベトナムを訪れる日が来ることを心待ちにしている。

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ