小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

近所の話

前回、「気づいてない?」というタイトルでブログを書きましたが、
今回は、逆に「気づいてしまう。」方のお話。

元々、肝心な事よりも、微妙な違和感に目がいってしまうタチなのですが、
近所を歩いていてもこんなものが目に入ったもので。

●コアなファン

時折、近所のゼビオアリーナで、コンサートなどがあり、
人が集まっているのは見かけますが、何をやっているのか、誰が来ているのか、
興味もあまりないので、調べもせず、わからない事が多いのですが、
この日は、集結してたので、あの方のツアーだという事がすぐわかりました。集結.jpg
A○○さんですね。
ここに限らず、周辺の駐車場は、一目でわかる車がズラリと。
しかも結構遠い他県ナンバーも。
壮観な眺めでした。

●でに

何度もチェックしたはずなのに、うっかりスル―してしまった誤字脱字。
書籍やパンフのように、たくさん印刷してしまったら、
訂正も大変です。

それが、1枚物の看板でも、訂正は大変だとは思いますが、
看板なので、普通は、慌てて直す事が普通だと思うのですが、
わりとずっとそのままな看板。
美容室.jpg
拡大
でに.jpg
でに盗難。

この看板、両面にあるのですが、両面とも
でに盗難。

気付いてないのかなぁ。

●それはそれは、

歩いていたら、家の前に張り紙が。
貸家.jpg
近づいてみると、貸家の看板。
看板.jpg
拡大。
拡大.jpg
この1行、それも手書きの、この1行があるだけで、
なんだかとっても気になってしまう、不思議。

予定のまま、現時点で1ヶ月以上そのままですけど、
キレイになった後を見てみたいと思ってしまいます。



こんな発見をする事があるというだけでも、
「まちあるき」って楽しいですよね。
って、どこまで共感を得られるのかわからないですけど。

最近は、様々な団体が、色々なテーマの「まちあるき」企画をやっていますので、
そのテーマに縛られずとも、まちを歩くだけでも、意外と発見はあるものです。

真夏に出歩くのは億劫になりがちですが、
スポーツ、アウトドア、まで行かなくても、
近所でも、普段歩かない路地に入ってみるだけの散歩でも、
いかがでしょうか?

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up