小さなギモン調べてみました!

建築・不動産から言葉のトリビアまで、仕事の中で見聞きした小さなギモンを調べて報告していきます。

道の駅米沢

先月、連休前の話ですが、
4/19(木)に山形県米沢市に新しくできた、

「道の駅 米沢」

を、4/21(土)に見てきました。

DSC_0055.JPG

DSC_0051.JPG

4/19のオープンは、地元へのお披露目でしたので、
オープン最初の土曜日になるこの日が、本オープンの様で、
色々とイベントもやっており、駐車場に入るのにも渋滞していました。

いわゆる「道の駅」なので、
24h使用可能な駐車場・トイレ、
地産地消の地元直売、おみやげ物売り場、
食堂と観光案内カウンター
という、
基本的には極めてオーソドックスな内容です。

DSC_0053.JPG

前田慶次の甲冑はありましたけど。

DSC_0054.JPG

そんな中、個人的に一番気になったのは、コレ。

DSC_0052.JPG

道の駅周辺の100の施設をカードにして紹介しており、
各々のカードには、その施設の情報、アクセス等が書いてあって、
かつ、なにがしかのサービスが付与されるというもの。

飲食店であれば、「ドリンクを100円で提供します。」
展示施設ならば、「入場料を5%引きにします。」
入浴施設だと、「日帰り入浴50円引き。」
等々。

このような実態のある(デジタルではない)カードによる
広告・連携・誘致の手法自体は、昔からある手法で、
(というか、昔はデジタルが無いので、当然ですが)
チラシやフライヤーの配布も、広義には同じではありますが、

場所が「道の駅」内の目立つ一画にあって、
統一デザインで、全体として一つの集客機能を持っており、
一覧性があって、特典がついていて、

というのが、良いと思います。

・・・ある意味、トレーディングカードにも似たこのパターン、
私も検討したことがあるのですが、
果たして、どれほどの効果が出るか、非常に楽しみです。

スマホ全盛の時代で、何でも調べればわかる時代かもしれませんが、
調べなくても「目に入る」と言うところがポイントで、
予定外の立ち寄りを促すには、結構、効果があるように思うのですが。

カードそのもののデザインやサイズ感に関しては、
まだ工夫の余地があるようには思いますけど、ね。

米沢は、美味しい食べ物もあるし、
観光スポットもそれなりにあり、
小野川温泉、高畠ワイナリーに果樹園等々
個人的には好きなエリアなのですが、
個々の施設が離れているので、
その意味でも、この企画が、
うまく活きるといいですね。

ちなみに、訪問した日はイベントをやっていたので、
謎のゆるキャラ「ペロリン」もいました。

DSC_0056.JPG

どうやら、逆立ちがウリらしいですが、
かなりジミです。

「ペロリン」が気になる方は、こちらへ。

この記事を書いた人

斉藤 一則

斉藤 一則(株式会社マイザ)

事業企画担当。
遊休地や低利用建物の効率化提案から賃貸管理・リフォームサポートまで、建築・不動産関係が専門。
旅行好き。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up