四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

八十年の味

釜石は、今年2019ラグビーW杯。
そして来年2020、鮎徳食堂から創業八十年のお食事ハウスあゆとくには、
おおよそ食べたいメニューと組み合わせがあります。

ラーメン・ライスに、餃子も付けられます。
みそラーメンにチェンジできます。

何でも出来るんだね。
自慢の海鮮ラーメンも捨てがたいですね。
飯物食べるならスープ代わりにハーフサイズがあると嬉しいね。

ミニラーメン、ございます。
食後にコーヒーも付けられますよ。本日はハイローストです。

隣はカツ丼ほうばる爺様とカレー南蛮すする婆様が、何ともイイ香りと音。
悩みに迷って、リピーター続出のポークペッパーソテーとミニラーメン。
久方にサシで出張のケン君は、スリランカ風チキンカレーに餃子。

いつしか満席の食堂には、サラリーマン、おやじ・ミセスからご長寿まで、
まさに老若男女が昼餉を鱈腹愉しんでおります。
昭和ですね。
いや、平成レトロだよ。

時代は変わり、流行りも変わり、その時々の嗜好があゆとくの名物となり、
そばもうどんも丼も中華も洋食も、お客様と共にずっと増え続け・残る。
少しづつ変わり続けて来たことが、"変わらない店"になって老舗と成る、
まち食堂に拍手!

※リピート納得のポークペッパーソテー、中華麺は自家製細打ち、米は
 契約栽培ひとめぼれ。近日webにチャレンジして動画公開の噂!

DSCF7720.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up