四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

金沢おでん

今夏は酷暑に豪雨。
昨冬は一面雪に埋まって、それは大変でした。

閑としたカウンター越しに、女将が菊姫を注いでくれます。
今宵の相伴は、百年料亭の主人・セイ兄。

仄かなひね香と苦旨さが、先付けの金時草に合いますね。
熊本の水前寺菜とこれは、全くもって葉物の双璧。
さぁ、何から召し上がりましょう?

残暑とはいえ昼は34℃の夜。
他に客人もなく、熱々の鍋にたっぷりと用意された種が花のよう。

では、全部頂戴します。
あらら、ご無理なさらず。
いや是非。

わたくし的には、一に車麩、二にふかし、三に赤巻き。
殿・豪商の食あれば巷の美味も続く四百年の街。
創業と守成いずれが難きやなれど、地域文化はサスティナビリティの価値ですね。

※四はバイ貝、五は卵焼き。二人でぺろりの旨さ。

DSCF6849.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up