コバチャンの深〜い話

近頃気になる事を、深〜い話として、親父の小言風に綴ります。

買物準弱者になりつつある八木山南団地の住民

ご無沙汰しておりました。

今日は、私の住んでいる団地のお話です。

2年前、団地の中心部に20年間営業して、住民の胃袋をサポートしてくれていた

Acoopさんが会社清算のため、余儀なく閉店してしまいました。

困ったのは高齢者の車を利用できない方々でした。

でも、約10か月後に地元スーパーの「サンマリ」さんが建物、設備一式を引き継いで

平成28年3月吉日に開店して頂きました。

地元住民の喜びは大きく、連日買い物客でにぎわっておりましたが

約10か月後の10月末で突然の閉店です。

噂では冷蔵陳列ケース類の劣化がひどくメンテナンスが追い付かなく

又、新しいケースの投入は運営面から難しいとの会社判断で閉店とのことでした。

高齢化の進む団地住民に救世主は現れるのでしょうか?

日々小さくても良いですから食品を扱うお店が出来ることを祈るばかりです。

八木山南サンマリ-1.JPGのサムネイル画像

この記事を書いた人

小林 征四

小林 征四(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

・商業施設・環境空間コーディネーター
・地域の中小企業のセールスプロモーションの支援をメインに活動しています。
DSA(一般社団法人)日本空間デザイン協会 正会員

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up