仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

マイナス30℃の世界

先日、宮城県は女川町に行ってきました。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、徐々に町の姿が見えてきました。今回のお目当ては「マスカー」です。

「マスカー」は、震災後にカタールフレンド基金を活用して建てられた、冷凍冷蔵施設。3階建ての建物で、1階は荷物捌き場、2階が冷凍冷蔵施設、3階は施設管理の機器や避難所設備などになっています。東日本大震災の状況も鑑み、1階は津波がきたときには波が抜けるような構造にもなっていて2階から上を守るそうです。

今回は、水産物が冷凍保存されているマイナス30℃の冷凍庫にも入らせていただきました。とても広い冷凍庫には、出荷をまつ水産物がうず高く積まれ、私達も冷凍庫のサカナになった気分。こんなに人が出入りして、温度が上がってしまうのでは?と質問した方がおられましたが、「この程度ではさほど変わりませんよ」とのこと。

冷凍技術スバラシイ。スバラシイからこそ、冷凍庫に入る前と出たときに、人数確認を何度もした私でした。

マスカー写真.JPG

この記事を書いた人

稲葉 雅子

稲葉 雅子(株式会社ゆいネット)

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up