メンバーズブログ

建築と風景

建築的情報や地域の風景・イベントなどを紹介します。

「花は咲く」・「マスクは自分でつくる」

■花は咲く・マスクは自分でつくる

花は咲く」は東日本大震災の時に復興を応援するテーマソングとして、宮城県出身の作詞者、作曲者で作られました。被災地域の出身者やゆかりのある歌手、タレント、スポーツ選手などが歌う姿がテレビ流れていました。3月、4月は卒業、入学、入社等の時期で、春を待っていた多くの花も咲きます。仙台も桜の季節ですが、残念ながら、みんなで「お花見」とかの状況ではありません。自然は偉大なもので時期が来れば、花は咲くし、紅葉、落葉と季節ごとに変化します。君子欄DSC_0447.JPG

 現在の「新型コロナウイルス」の感染は先が見えません。自分でできる感染予防を確実に行い、拡散防止に努めるしかありません。マスク不足の状況で支給されるマスクに期待するよりも、自分でできるマスクをつくりましょう。最近、各方面でマスクのつくり方が紹介されていますが、一住所、2枚の支給より、マスクのつくり方の情報提供の方が有効に税金を活用できるのではないでしょうか。例えば、「日本手ぬぐい」で、電車に乗るときなど、口をおさえる・口にまくだけで、何もしないよりは有効ではないでしょうか。・・・洗って使えますし・・・。今必要なのは、本当に困っている医療関係者等にマスク等の防護具を提供することではないでしょうか。マスクくらい、自分で作りましょう。

※写真は「季節になって咲いた、君子欄」

この記事を書いた人

高橋 宏一

高橋 宏一(株式会社アサヒ建築設計事務所)

施設計画担当。
建築士として新築からコンバージョン・リフォームまで建物に関する専門知識を兼ね備えたベガサポ。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ