メンバーズブログ

四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

ポックダム

食文化創造都市。
鶴岡の夜は、平日なのにシゴトモ女子で満席の賑わいです。
あら!と声がけするReiさんに、応える彼女も帰化女子たち。

丸っと太った前浜の鰯マリネと山麓のシャルキュトリ、
とりわけ肉感しっかり・しっとりした庄内豚のリエットはスプマンテ。
余りの美味しさに、フォークを躊躇う地フグのフリット・ガザエビの
アメリケーヌソースは皿ぬぐいながらシャルドネで。

あぁ、うまい。
テーブル女子が、うっかり異口同音する普段言葉に
しみじみとした美味しさが伝わります。

歓談合間の一瞬、
〆はパエリアでございます。
妙齢さておき黄色い歓声が沸き立つ中、主演が御登場。

この際は、スペインの赤もありですね。
それでは、タイワインはいかがでしょう。
タイ?!

その低緯度帯のワインは、
タイ産ポックダムという、ブラッククイーンの突然変異種85%に、
南仏の番頭・シラー15%で醸造した気軽なワイン。

ちょっぴりスパイシー、でも北のアムレンシスにも似た上品で爽やかな野趣の酸味。
それを南のシラーがライトの手前でミディアムに寸止めしています。

壁飾りではなかった鍋が、エスパーニャ?ジャポネ??フレンチ???な
鶴岡パエージャを炊き、想定外のタイワインと出逢わせます。
そもそもバレンシアは日本と同じジャパニカ米ですが、
それを飯米ではなく、知り合い農家さんから分けていただいた酒米で頂戴。

銘店ル・ポットフーから各地を巡り、
子どもの頃に、大好きだった洋食屋さんの名前を冠して開店。
鶴岡の大地の林檎が、これから花咲き実となるプロセスを五感で愉しめる幸せ。

東北の食は、豊かで・実にクリエイティブです。

※Pomme de Terreの酒米パエージャ。彼もまた、鶴岡帰化人。

パエリア.jpg

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ