四方山雑記帳

東北・宮城・仙台マーケットの小ネタ小ばなし

初音の末音

それにしても、今年の雪は大変で。
ここもすっかり真綿のようでした。

客人紅一点のホリ君に、若女将が〆張鶴を一献。

行形さんて、ホントに苗字なんですね。
文明開化でみんな苗字を付けることになりましたでしょう、
官吏がコレで良いと、屋号そのまま苗字になったとか。

全国にココだけですね。
此処だけです。けれど、福島から御縁のあった御客人に、
行形と書いてナメカタさんがいらっしゃって、先代様の書き残しに
新潟行形亭のメモを見つけてお越しいただき感激いたしました。

いやはや春の縁。
方や三羽烏は、柳都の黒田節にやんやの喝采。
踊り終えるや芸妓さん、銀行先輩・元役所大先輩に挟まれて
さしつ、さされつ。

次もまた初音だね。
あら嬉しい、けれど実は今月で上がるのです。
聞けば上越の料理人と目出度く祝言とか。
それなら次は宇喜世で夏酒だ。

座敷があれば酒肴あり、主客が揃えば芸が舞う。
古き良き、しかし今や新しき、ニッポンに乾杯!

※初音、有終の黒田節。新潟は行形亭、百年料亭ならではの一席。

DSCF5884.JPG

この記事を書いた人

大志田 典明

大志田 典明(ブレイントラスト&カンパニー株式会社)

マーケティングプロデューサー。
東北地域の中小企業支援をライフワークに、農・商・工の各分野で強い地域ブランドづくりに努める。

最近書いた記事

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up