メンバーズブログ

ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

暑い夏には、カレーは如何?

仙台の今年の夏は冷夏で少し肌寒い日も続きましたね。

梅雨も明け、サー真夏の本番です。暑さで体力も奪われ、食欲もなんだか盛り上がらない。そんな夏の料理にはカレーが一番です。

夏にカレーを食べるのは、実に理にかなった食事なのです。唐辛子や生姜など辛いスパイスを摂取すると、交感神経の興奮が起き、体表面の温度が上がって血流が増え、皮膚から熱が逃げやすくなって涼しく感じるのです。

カレーにはクミンやコリアンダー、ターメリックなどの香辛料(スパイス)を使いますが、玉ねぎやニンニク、生姜も本来は薬草として使用されていましたが、今や香味野菜として重宝されています。

人類がスパイスを使い始めたのは、旧石器時代(紀元前3,000年頃)。最古の記述はメソポタミア文明の医学書だそうです。ニンニクはピラミッド建設の労働者に、クミンやシナモンはミイラの防腐剤として使用されていました。

人間の知恵は素晴らしいですね。私も東日本大震災以降、家で食事と酒を飲むようになり、酒のつまみやカレーなどを作るようになりました。料理は楽しいですよね。私のカレーはスパイスを調合してなど、本格的なカレーは作ったことはありませんが、メーカーの異なる二種類のルーを使います。まず多めの玉ねぎをじっくりと炒め、ジャガイモと人参、肉は美味しい豚肉の肩ロースがベストマッチングですね。それにマイタケを刻んで炒めます。マイタケは良く出汁も出るようです。出来上がったら最後に香味の利いたうまソースを加えて味を調整しています。

辛さの中に広がる甘さと肉のジューシーさ、たまりませんね。是非暑い夏にはカレーを作り夏バテを解消しましょう。

カレー.png

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ