ちょっと知りたい不動産の一口知識

借地権や立退き問題、分譲マンションの建替、大規模修繕から再開発まで、何でもお困り事や疑問にお答えします。

「萩まつり」in野草園

 東京で暮らしていた家内が先月より仙台へ移住してきた。

旅行や歩くことが大好きな家内は私が業務を終えた帰宅後や休日には、「歩こうよ」と言う。

仙台ではどこに行くにも車を利用するので普段は殆ど歩かない私であるが、確かに上京した時には全て電車移動で乗り継ぎ駅までの区間や階段を上り下りして、よく歩く。

今月最初の散歩は、自宅のある長町から広瀬橋際の散策道を歩き、宮沢橋を曲がり河原町を経由して長町まで、約40分の距離である。

次の日は、自宅から鹿野小学校を通過し、南高校を過ぎ長町まで、約1時間。雨の日は歩かないが次は、「私が生まれた毘沙門天様の門前まで歩こうか」と約60年振りで荒町の毘沙門天様へお参り。「この回廊ではよく遊んだ記憶があるよ」と、その後五橋を経由して長町まで、約1時間20分の散歩である。

先日TVを見ていた家内が「野草園で萩まつりをしているから行こうよ。野草園ってどこ」と。「山の上だし結構歩くよ」とは思ったものの、16日(日)に約50年振りで歩いて野草園へ。愛宕神社の向かいからだらだらと坂を登り、結構キツイ急な坂を息を切らせて登れば、野草園の玄関口へ。息も絶え絶え約1時間のお散歩。

入園して階段を降り広場に出れば、吹奏楽の妙齢な音が聞こえる。「萩まつり」での仙台フィルハーモニー管弦楽団の生演奏と合唱隊が・・・。童謡やクラッシクの名曲を堪能し、周囲にある萩の回廊へ。可憐な白や紫の萩の花を観賞する。

帰りはゆっくりと坂を下りながら、木々の緑と新鮮な空気を吸ってブラブラと。足も大分疲れて来たので、「愛宕橋から地下鉄に乗ろう」と地下鉄で帰宅した。1.png

2.png

この記事を書いた人

松本 真明

松本 真明(株式会社マイザ)

再開発プランナー第100068号
土地&建物オーナー資産活用スペシャリスト
西友南仙台店定期借地事業、柏木分譲マンション等価交換事業

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up