仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

かきのくんせい

「かきのくんせい」というと「牡蠣の燻製」を思い浮かべます。

「甲子柿」は、「かっしがき」と読みます。渋柿の一種ですが、これを釜石では広葉樹を燃やしてでる煙で渋ヌキをして食べるという岩手の特産品です。そのまま食べても甘く、冷やして食べるとゼリーのような食感を楽しめるというものです。何年か前に、渋ヌキをしている様子を見せていただいたことがあります。

今回、釜石を訪問したときには、甲子柿の様々な加工品が販売されていることにびっくり。アイス、ドレッシング、チーズケーキなどなど。そのまま食べる甲子柿は季節商品ですから、季節を問わず提供できる加工品があると、購買する私たちも楽しめます。

「かきのくんせい」といったら、「甲子柿」、皆さんも覚えてくださいね。

甲子柿.JPG

この記事を書いた人

稲葉 雅子

稲葉 雅子(株式会社ゆいネット)

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • ほっとひといき!
  • まるでかく
  • インフォメーションブログ
Page Up