仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

栃木といえば、かんぴょう

 食材における「かんぴょう」の立ち位置は、巻きずしの具やロールキャベツを括る役割くらいで、なんとなくあまり光が当たっていないような気がします。栃木県出身に私としては、過日、石巻駅近くの「大もりや」さんでおいしいかんぴょう巻を食べたことから、もっと食べ方をPRすべきではないかと思った次第です。

kanpyou.JPG

 

かんぴょうは、大きく育った夕顔の実を、外側の皮を一皮むいた後に、回転させながら紐状に削っていきます。長い長い1本の紐をつくるようにして削ったら、天日で干します。我が家では、洗濯物のとなりに、かんぴょうが並んで干されていました。なつかしい。

 かんぴょうは、巻きずし以外にも食べ方がいろいろありますが、簡単でおすすめできるものを記載いたします。

 【かんぴょうのお吸い物】お吸い物の具に、2センチくらいにカットしたかんぴょうを使います。味を調えて、最後に溶き卵をいれて卵とじにするのが、私のお気に入り。

 【かんぴょうのサラダ】もどしたかんぴょうを2センチくらいにカットして、ハムとかきゅうりと一緒にマヨネーズで和えます。からしマヨネーズをつかってゴマともみのりとかをトッピングしてみて。輪切りのちくわも一緒にいれるとボリューミーです。

 栃木出身です、というと、最近は「宇都宮の餃子」「栃木のいちご」などメジャーなものがでてきますが、かんぴょうにもぜひ、メジャーになってほしいと思う、イナバなのでした。

この記事を書いた人

稲葉 雅子

稲葉 雅子(株式会社ゆいネット)

人と地域を結ぶ連携担当。まちなか情報特派員とともに、地域資源調査やモニター調査・モニターツアー・広報活動を担当しています。

他のメンバーを見る

  • ちょっと知りたい不動産の一口知識
  • 四方山雑記帳
  • hariu Blog
  • めっけもん
  • 仙台・宮城のうまいもの&直売所めぐり
  • コバチャンの深〜い話
  • 小さなギモン調べてみました!
  • 建築と風景
  • ぽらぽら物語り
  • ほっとひといき!
  • マクロの眼
  • ローカル・グローバル
  • トキの目
  • 空飛ぶ「こころ」
  • なんだりかんだり観察記録
  • 黒ひげのモノローグ
  • インフォメーションブログ
Page Up